アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和(写真50枚)

2014年10月末にバンダイ 魂ネイションズからリリースされた、アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和です。
史上最大の戦艦であり帝国海軍の決戦兵器、そして艦これにおいても全能力値合計1位を誇り、艦これを代表する艦の1隻である大和が、ゲーム中のイメージそのままに立体化されています。

では早速見て行きたいと思います。

パッケージはこんな感じ。とにかく大きいです。

AGP大和_001 AGP大和_002

パケージ裏をアップで。

AGP大和_003 AGP大和_004

内容物はこんな感じ。艤装が約半分を占めています。
また写真には写っていませんが、台座と組み立て説明書も同梱されています。

AGP大和_005

では、大和本体を見ていきます。
まずは正面側。

AGP大和_006 AGP大和_007 AGP大和_008

続いて背面側。

AGP大和_009 AGP大和_010 AGP大和_011

腰部には艤装を取り付けるダボ穴が開いています。
艤装を取り付けない場合は別部品のコネクタだけ取り付けます。
(この記事の写真はつけ忘れたまま撮影してしまっていますが。)

AGP大和_012 AGP大和_013 AGP大和_014

ではもう少しよって見ます。
まずは上半身。
アクションフィギュアなので、フィックスドフィギュアに比べると、アラが目立つ……かな?

AGP大和_015

AGP大和_016 AGP大和_017 AGP大和_018

腕はこんな感じ。

AGP大和_019 AGP大和_020

大和の艦首に取り付けられていた菊紋は、艦これ大和では桜紋として首元に取り付けられています。

AGP大和_021

頭部。桜の造形はこのスケールでは厳しそう。

AGP大和_026

続いて下半身。スカート部です。
両股に取り付けられているのは91式徹甲弾。

AGP大和_022 AGP大和_023

脚部です。
腰横のアンカー部も原作通りにスカートが大きく開いていますが、脚部とは肌の色が違ってしまっています。

AGP大和_024 AGP大和_025

続いてオプションパーツを見ていきます。
まずはデフォルトの手首パーツ。
このスケールでも指の形状がちゃんと造形されています。

AGP大和_027 AGP大和_028 AGP大和_029

オプションパーツの照れ顔。
かわいいですね~。

AGP大和_030

続いて電探傘とそれを保持するためのオプション手首。
それから、原作顔。原作顔は目が左を見ています。

AGP大和_031 AGP大和_033AGP大和_032 AGP大和_034

叫び(?)顔に右開き手首に左徹甲弾手首。
可愛らしさと凛々しさを併せ持つのが大和の魅力ですね。

AGP大和_035

AGP大和_036 AGP大和_037 AGP大和_038

そして、艤装装着。

AGP大和_040

大きいです。とにかく大きい。

AGP大和_041 AGP大和_042

艤装の内側も46サンチ砲の底面とか、ちゃんと作りこまれています。

AGP大和_043 AGP大和_044

艤装内部の全景。
左右のパーツは3重関節で背部パーツと接続されているので、この写真よりも大きく開くことが出来ます。

AGP大和_045

46サンチ砲は台座・砲塔の左右方向への可動のほか、砲身も動きます。
砲身は左右どちらかを持ち上げると、真ん中の砲身も半分の角度まで上がります。
また、背面にも46サンチ砲。こちらも左右の砲と同じ仕様です。

AGP大和_046 AGP大和_047

 

幾つかポーズ付けてみました。

AGP大和_048 AGP大和_049 AGP大和_050

 

さぁ、来なさいッ!!

AGP大和_051

かなり動くので色々なポーズをつけるのも楽しいのですが、普段アクションフィギュアであまり遊ばないのであまりいい写真は撮れず……。
ということで、バンダイ 魂ネイションズ アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和のレビューは以上になります。

塗装等に若干の問題は有りますが、「身近に大和がいる。」というのは価値があることだと思います。

■関連商品